たこやきスピリチャル

ミディアムたこやきちゃんの、やる気が湧いて元気になる「人生を楽しむ」ためのブログ

琉球王国に学ぶ

こんにちは、いつもありがとうございます。

ミディアムのたこやきです。

 

今日は徒然なるままに、な記事です^^

 

10日ほど前に、お世話になってる方からとある小説本をいただきました。

 

『テンペスト』著者:池永永一

 

 

 

沖縄が沖縄県になる前の、琉球王国だったころのお話しです。

f:id:pearlmoon-horizon:20170429190436j:plain

最初にいただいたときは、まずこの本の分厚さに驚愕し、このところすっかり小説は読まなくなっているのもあり読破することに不安を覚えたたこやきちゃんでありますw

 

しかも、パラっと見ただけでも難しそうな言葉や見聞きしたことのないような琉球語がたくさん並んでいるように見える・・・

 

例えば、

 

評定所筆者(ひょうじょうしょひっしゃ)

聞得大君加那志(きこえおおきみがなし)

間切倒(まぎりだおれ)

トゥシビー

あごむしられ

ニービチ

 

・・なんのこっちゃ??? 

 

「ほんと教養がないのねアタシったら・・!」 

「読むの時間かかりそうだなぁ」

 

と、パッと見て尻込みしたのであります^^;

 

 

し、しかし・・

 

 

読み出して30分したら、ノッてきました!

というか、おもしろい!!

 

一見難しそうでしたが、読んでみたら実はそこまで難しくもなかったのです。

文章も難しそう〜〜って雰囲気がするけど実際は割と易しいです。

ちなみにアマゾンレビューには「ラノベみたい」とか書かれていました。

 

難しい漢字だらけの名詞や漢文、琉歌、琉球語も慣れですね〜ほんとに。

むしろ慣れたら自分も使いたくなってくるくらい興味が湧いてきますw

(好きこそものの上手なれ・・はこの延長。とっても大事なワクワク感ですね)

 

先入観で物事を決めると、一瞬見て気乗りしないものは手を付けなくなりますが、その先入観を一度取り払って向き合ってみると実は大して問題ではなかった、ということはよくあること。

 

「人でも仕事でもそうだよなぁ」と感じたのですが、結局それはたこやきちゃんにはたこやきちゃんなりの必要な試練というのがあって、そのことを見えない存在から今このタイミングで指導があったわけです。

 

難しそう、面倒くさそうだから挑戦しないのはだめだよ〜ということですね。

 

で、結局このテンペスト。2日で上巻を読み切り、その後3日かけて下巻も読み切りました。時間ないない、と思ってたんですが、まずお昼の時間を削り、そして夜も一切テレビをつけずにいたら・・・意外と時間はありました。

(下巻が3日かかったのは、終日外で在宅できる時間が寝る以外ほぼ無い日が1日あったからです)

 

むしろ、この本を読む直前に「私ってあんまり自由な時間が無いから小説は読む暇ないわぁ〜」と思っていたのがおかしいレベルで、潤沢な自由時間があったようですw

 

テンペストを読んでみて

沖縄のことって、基礎教養が低いのもあり私はほとんど何も知らなかったんだなぁ〜と思ったのが第一印象。

 

琉球、琉球王国、という言葉も知っているし首里城があるのも知っています。

修学旅行で行ったくらいだしねw

 

ですが、実は全然知らなかったということを痛烈に感じました。

琉球王国があったんですね。

 

本当に、1つの国として琉球が存在していて、そこでは日本人とはまた違う琉球語を話す人たちが自然豊かで眩しく鮮やかな環境に囲まれて暮らしていたと。

 

そして、琉球は宗主国を2つ持っていて、1つは清国(中国)、もう1つは日本(薩摩藩)。

 

文化の大部分は清から伝わる様式が強い。

 

王国というだけあって、首里天加那志(しゅりてんがなし)と呼ばれる琉球の国王がいて、王家があって、血筋があって、日本でいう表の江戸城本丸と裏の大奥みたいな場所があって。

 

知ってるけど知らなかったことを知り、歴史を知り、沖縄の見方がすごく変わりました。沖縄は日本だけど、個人的には琉球王国、という捉え方に変わりました。

 

今でも沖縄のユタ、というのは実際にいらっしゃって、江原さんが日本にもたらしたスピリチュアルブームからなおのことユタという存在や言葉は日の目を浴びるようになりましたよね。

 

そういう目に見えない力を信じ、崇め、力を使える人がいるというのもとても納得できました。

 

ご先祖様達が築いた礎を、どうか絶やさず繁栄していくことってとても大切なんだなとも『現実的な私』のほうが実感してくれました。

 

 

ま、あくまでも小説なのでフィクション要素も大量に含まれてはいるんですけれども、それでも何も知らなかった私としてはぼんやりと歴史を捉えられただけでもとても糧になったなぁと感じた次第です。

 

何はともあれ、テンペスト。おもしろかったです^^

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

 

賢く聡明に生きるのは、巡り巡って自分のためになる。

 

その間に少しでも、世のため人のためとなるよう、知恵をつけ、行動し、成長しなければならない。

 

これって人生終わるまで一生続くんだなって思います。

 

GWついに始まりましたね。

とはいえ5月の1,2日が仕事でゲンナリの企業戦士達も多いとは思いますが^^;

 

自営業の方もGW関係ないとは思いますが^^;

 

空気もカラッと清々しい気持ちが良い時期ですので、皆様各々、佳き日をすごされることをそれはそれは心からお祈りしております。

 

いつもありがとうございます。