たこやきスピリチャル

ミディアムたこやきちゃんの、やる気が湧いて元気になる「人生を楽しむ」ためのブログ

自信のない私でも、人に逢いに行く。

おはよう こんにちは こんばんは!

 

スピリチャルトランスレーターのたこやきちゃんです(^^)

 

 

桜が綺麗で街中も車窓も和みますね〜☺️

f:id:pearlmoon-horizon:20170409121529j:image

 天気悪いけど。

これは昨日の代々木公園です( ^∀^)

 

 

 

さて、前回は割と個人的な日常での気付きをつらつらと綴らせていただきました。

 

その続きなのですが、

たこやきちゃんは最近のSNS起業での主流に乗ったマーケティングは出来ていません。

 

あれは、やったらやった分だけ認知度は上がると思います。

 

 

しかしながら、何度も色んなところから「まった」が入ったのであります(^^;)

 

それは守護霊様から、メンターから、知り合いの経営者からと、様々。

 

 

 

そんな事してる時間に鍛錬をするなり読書をして良い知識をつけ勉強するなりした方が、よっぽど世のため人のためになると思わない?

 

みんなそうやって声を揃えておりました。

 

先日の次元上昇的な集まりでお会いした方に、たこやきちゃんとしての活動についてをお伝えしたところ、一言。

 

 

「マーケティングはしなくて良いですよ」

 

ここでも同じ事を仰られていて、ハッ∑(゚Д゚)としたのです。

 

そしてさらに、

 

「もっともっと相談者さんのところへ会いに行った方が良いですよ」

 

 

とも。

 

これもまた、常々言われてることです。

 

 

たこやきちゃん、今年は自分からもっともっと人に会いに行きますね。

 

今までは、個別でお申し込みいただいた方とだけだったんですが、たこやきちゃんと名乗ってからはまだ1年しか経っていないですし皆様が私のことを知らない。

 

だからこそ、不安もあるかもしれないし経歴もイマイチよくわからないかな?

 

この世界ではもう9年目ですが、フィードバックも公開していないから実歴も見えないし、私ってとても怪しいですよね(^^;)

 

鑑定をした時も、基本そういうことがあった事はブログ記事にはしないで来たんですが

 

(相談者さんが身バレするのではないかと不安になったりしないように)

 

初めてたこやきちゃんに会う方の不安については無視してた事に気付きました(^^;)ごめんなさい

 

それでも来てくださっていた方、本当に本当にありがとうございます〜😊

 

 

私はね、ミディアムとして生きている以外の「普通の自分、つまり日常生活に於ける自分」にはたいして自信のない人間なんです。

 

どちらかというと。

 

昔から。

 

 

自己肯定感も周りが引くくらい低かった。

これは過去形です。

 

 

 

いま自分がやってることが正しいとか胸を張って言い切る自信がなかったりするんですよね。

 

 

 

しかし、自信がないから鑑定にも自信がないのかというと、そういうわけではないんです。

 

 

鑑定は、私の考えや判断、決断をお伝えするわけではないから。

 

 

後ろの方とか宇宙からとか天使とか、兎角そういった存在から降ろされていただくメッセージをお伝えするのが私の霊視鑑定です。

 

後ろの方の言うことを信じる・信じないは個人の自由ですが、真理は変えようがないし、

 

そこの部分については自信があろうがなかろうが関係ないところの問題なんですよね。

 

自分に絶対の自信はこの先も簡単には持てるものではないと思いますが、その分後ろの方の仰ることや宇宙の法則、霊的真理を素直に信じて行けるものかとも思っています。

 

 

みんなね、多分そんなに自分に自信を持たなくても大丈夫ですよ( ^∀^)若いんだから。

 

目の前のことにきちんと取り組んで、きちんと挨拶して、感謝してご飯食べて、楽しいこと苦しいことを経験して歳を重ねた先に

 

自覚なしにも自分の意思があり相手を皆が力があり、世の中を俯瞰した目で見つめる心の広さや成長が伴うものではないでしょうか。

 

歳をとる事は不幸でもなんでもないし、むしろ楽しくなってきますよね。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

 

冬は終わり、いまは確実に春ですよね。

 

季節も明確な境界はないのに、冬なのか春なのかを気温や日差し以外にも「感覚」で感じ取れる私たち。

 

人工知能にその感覚はわかりません。

そういう部分を大切にしていきたいものですな。

 

ではまた!