読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たこやきスピリチャル

ミディアムたこやきちゃんの、やる気が湧いて元気になる「人生を楽しむ」ためのブログ

人から信用される方法

開運する方法

いつもありがとうございます。

ミディアム(medium)のたこやきちゃんです。

※ミディアムとは霊媒師・霊能者という意味があり、英国などでは職業として一般に認知されている言葉です。

 

ミディアムは、

見えない存在の方々(守護霊様やご先祖の方々)と

コンタクトをとることが出来ます。

 

相談者様からお悩みや相談をいただいた際、

それに関する原因を視ていくことができます。

過去世・人間・カルマなどです。

 

そして、解決策やすぐに楽になれるアドバイス

などを教えていただき、相談者様へお伝えする事を生業としています。

 

私自身が相談内容に対して考えてアドバイスをしたり、

心理学や催眠術を使って解放するような事はしません。

お誕生日やお住まいや血液型などは基本的には要りません。

 

目の前の方を視ることを『リーディング』

見えない存在からの声を届けるが『チャネリング』

 

というそうなのですが、そこの棲み分けはしたことがなく

自然に両方やっているんだなぁと最近気づきました^^;

 

普段、日常生活を送っている時には周囲の人や友人・家族の事を

霊視することはありません。

 

いたって普通の人間として、他愛もない話をしたり

俗っぽいこともしたり話したりします。

 

普段から霊視した状態で過ごしていては相手のプライバシーも

へったくれもないですし

 

低級霊の干渉にあって、体調不良になったり

感情の起伏があったりといつも疲れた人になってしまいます。

 

車の運転すら出来なくなってしまいますからね。

 

霊能力を自分でコントロール出来ないのでは、

霊視鑑定をする事もコントロールが出来ない

ということになります。

 

そうならない為にも、もう何年も(そしてこれからも一生)、

感度・精度を上げつつ自我を抑えてコントロールするという

修行をしているのです。

 

さて、こんな余談バナシからはじまりましたが

今日は開運方法をご紹介します。


人から信用される方法

相手の方を思い浮かべてみます。

 

そこから更に、その方の守護霊様や

ご先祖の方々を想像して感謝をしてみましょう。

 

意図して「感謝する」というのは難しいかもしれませんが

心の中で、手を合わせて「ありがとうございます」と

伝えてみたり、お茶やお団子をお供えしてみてください。

 

見えない存在の方々が喜んだり、笑顔になるまで

つづけてみましょう。

 

何も変化がない場合は、時間を置いてまた

別の時に繰り返します。


私達の気持ちや「思いつき」などは後ろの方からの

指導が働いている場合がよくあります。

 

本人の気持ちや心は、他人が動かせるものではありません。

f:id:pearlmoon-horizon:20170307134749j:plain

しかし、お相手の方の守護霊様やご先祖の方々に

感謝を伝え、応援できる存在になっていくことによって、

 

その方々からの影響を受けて人は

変化することが往々にしてあります。

 

早く仲直りをしたい場合

この場合も、

人から信用される方法と同じです。

 

お相手の守護霊様、

ご先祖の方々に謝りましょう。

 

同時に、その方の良い所や助けられたことなども

一緒にお伝えすると良いそうです。

 

喧嘩をして意固地になっているとき、

直接誤っても、周囲から諭されても

中々穏やかにならない場合があります。

 

見えない存在の方々が

 

「意地を張ったこの子の気持ちを早くほどいてあげよう」

 

と働きかけてくださると、聞く耳を持たなかった本人が

 

「もういいか」

「なんでこんなことでピリピリしていたのだろう」

 

といった具合に、自然と良い方向に

導いていただけるのです。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

 

■メール鑑定:随時(5,000円)

■電話・LINE鑑定:水曜日 19:00~(5,000円)

■対面鑑定(個別相談):ご連絡ください(6,000円)

 

費用対効果が一番高いのは、断然個別相談です。

微妙な表現ですがw

 

ご相談・ご依頼は

vivalatakoyakiあっとま~くgmail.comまでどうぞ^~^

 

それではまたお会いしましょう!

viva-la-takoyakichan.hatenablog.jp

 

 

viva-la-takoyakichan.hatenablog.jp

 

 

viva-la-takoyakichan.hatenablog.jp