読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たこやきスピリチャル

ミディアムたこやきちゃんの、やる気が湧いて元気になる「人生を楽しむ」ためのブログ

お金がないデブスだった

たこやきエッセイ なりたい自分になる方法

こんにちは。いつもありがとうございます😊

今回はたこやきの黒歴史です。

 

箸休めにどうぞ。

お金が無い時代

とある億万長者が、こういったそうです。

頭の外側(=散髪)に、3000円払う人はたくさんいるけど、
頭の内側(=知識)に、3000円払う人は、ほとんどいない。

そしてわたしは、この両方をやる20代でした。

正直いつもお金がありませんでした。

無くて当然ですね。

 

しかも、払う額は3,000円どころじゃないのですから。笑

 

頭の外側(=散髪)には、カラーとトリートメントもするから、地元の安いところでは8,000円くらい。その他にもヘアケア剤とかサロン専売のシャンプー買ったりすると、それはまぁ嵩むかさむ。だいたい一回に15000円とか。それを二カ月に一度か二度は通ってました。オシャレに多感なお年頃ですしね。ちなみに上京してからの散髪代は、一回に20,000円になってしまいました(汗)。

 

頭の内側(=知識)には、26の頃から1回2時間20,000円でメンターの所に毎月通って霊的な世界の学びや霊能力の開発、問答など様々な事をやってきました。

 

更に現在は毎週通っています(爆)てことは月に10万×12ヶ月・・・え!?!?

 

2016年だけでも100万以上自己投資して、自分の能力に磨きをかけているわけです。そして今も継続して学んでいる最中です。

 

これまでの総額でいえば、500万はゆうに越える自己投資をしてきたことになります。
我ながらすごい!

 

25歳くらいまでは実家暮らしだったということもあり、毎月そこそこの額を貯金出来ていたのですが、26歳を過ぎた頃からは働いても働いても貯金は増えるどころか減る一方。

 

しかもこの年齢で海外一人旅という趣味に開眼してしまい、少しお金が貯まってはイギリスにフランスにシンガポールやインドネシア、さらにはアメリカだーセドナだー!と、色々な国に旅をして廻りました。

 f:id:pearlmoon-horizon:20170221193331j:image

車を手放さずに一人暮らしも続け、旅ざんまい。

 

さらには起業するんだ!と色々な資格を取ったり、脱サラしてそのまま無報酬で会社の立ち上げに携わったりだとか、あれこれやりながらいつも何かを探して回って生きるのに必死だったのです。

 

そして、それだけの自己投資をしておきながらも中々結果がついてこないので、いつも焦りながらずっとお金がないと思っていました。

人と会うたびに「なんで○○さんはそんなお金あるんだろう」といつも思っていましたしね。

 

デブスの巨塔

そんかお金がない症候群の当時というのは、お金がない(と思い込んでいる)上に心・・・つまり性格や根性までひん曲がっている時期でもありました。常にダイエットをしているのに162cmで体重が62キロに到達するという人生最大のデブ期だったのです。

 

見た目もデブスな上、性格もブス。

いつも焦燥感でいっぱいで、日常生活での仕事に全く満足できない。そしていつもお金がないと言う、いろんな意味でかわいそうな三重苦デブスちゃんだったわけです。笑

 

メンターのもとで、毎月問答したり、霊界の事(つまり真理について)を学んでいるのに、鑑定をしているときの『霊能者』としての自分と、現実を生きる『太ったOL』としての自分のギャップがありすぎて、自分のことが一番信頼できていない時期もありました。

 

もちろん相談者様から鑑定依頼を頂けば、全力を尽くします。すっっっごく全力を尽くします。依頼をいただいてからは雑念が入らないように音楽を聴かない・テレビを見ない・遊ばないを貫いてましたから。あ、いまでもそうかな^^;

 

そしてそこで、見えない存在からいただくメッセージの深遠さ、深い愛、励ましに触れて、こちらまで清められるような気持ちになるのです。鑑定する日や鑑定中は。

 

そ・れ・な・の・にw

 

現実に戻り、鏡を見ればデブスなわたし~(ガーンガーン)

小さな所で、すぐに物質的解釈に足を引っ張られてしまい、小さな自分を抜け出せない期間もありました。

 

自分探しの果てに

2011年の震災の時に、不謹慎ながら死を予感した瞬間「お金ないない思ってたけど、実はあったんだ!やりたいことに全部使っておいて良かった」と本気で思いました。それも一瞬で(笑)

 

そしてその後、一度全てを(お金もパートナーも仕事も)失い、絶望し、落胆し、しおしおに枯れました。

f:id:pearlmoon-horizon:20170223182116j:image


その時はとてもつらかったし、思い出すだけでも胸が張り裂けそうですが(笑)、一気に激ヤセし(ストレスによる不眠不休&絶食1ヵ月ですから、体には悪いですが)体はリセットされ、お金も底を尽き、 全部イチから始めることになりました。

 

この時支えになったのは、シルバーバーチの霊訓です。シルバーバーチという高級霊からの言葉には、小手先のテクニックもお金儲けも損得勘定も一切ありません。

 

ただ一心に傷ついた人の心を励まし、これから何かをしようとする人の背中を押し出す、慈愛に満ちた言葉ばかりなのです。

 

悲壮感を含んだ涙ではなく、感謝や愛の深さに気付けば瞬間の暖かい涙がぼろぼろと零れ落ち、電車の中でも涙をこらえきれなくなる程でした。

 結局、20代のうちで頭の外側にも内側にもお金と時間を充てていたけど、それにはまだまだ、まーだまだ余裕があったということも実感しました。

 

トンカチで頭を殴られたような。

むしろトンカツで殴られたくらいの衝撃だったかもしれません。

 

自分探しは、探しても見つかるものではない。

ただ、自己啓発も頑張ることも全てをやめて、すっからかんになったとき、はじめて「自分探しの果て」が見えた気がしたのです。 

 

そこから、あれもこれもと焦る事をなるべくしないように意識しながら、コツコツ コツコツ本来の使命に必要な事だけしていくようになりました。頑張らなくても、自然とご縁が繋がるのを感じるようにもなりました。

 

慎ましく、一所懸命に生きることの大切さを知ってから、見えない存在の方々と二人三脚で(超地味に)コツコツコツコツコ~~ツコツこのブログをはじめ、いろんなところで使命に沿った生き方をし始めたのです。

 

そうするうちに次第に、パートナーも、生活も、お金も、過去の自分が描いていた理想が現実になっていきました。高級ホテルのラウンジでお茶会をしなくたって幸せですし、頑張らなくてもホテルも飛行機もスイートやビジネスになるようになりました。

 

本当に大切なものは何か?

いいね!がたくさんつくことでもないし、書いた記事がバズることでもなければ、ツイートが拡散することでもなくて。

 

それなりの成功をするためには、それなりの艱難辛苦を経験しなければ「そこ」には辿り着けません。

 

悪魔系のすぐに¥につながるような甘い囁きに惑わされず、今在るものだけで、その場ですぐに充分な幸せを感じられることと他人様の頑張り屋成功、幸せを全力で応援できるような心を持つことが重要だと思っています。

 

そこが足りなければ、どれだけ自己啓発に勤しんでも、霊界からのメッセージを聞きにいっても自分が変わってないので楽にはなれません。私がそうでしたから。

 

では、頑張っても中々そこに辿り着けない場合はどうしたらいいの?

って思いますよね。

 

それがまさに禅問答なんです。

 

続けなきゃいけないんです、それを。人生って言うのはしあわせになる為に生きるものですが、そのためにはやっぱり、いつも学んで、転んで、失敗して今度は成功して、っていうのを繰り返し続けていかねばなりません。

 

それが人生であり、今際のきわにどう感じるかに拘る重要なファクターなんですね。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

 

私もいっつも普段から「霊界が~」とかふわふわしたような事ばかりも言ってませんで(そりゃそうだ)、現実は現実で生きていますよ。

ロジックとかセオリーとかいう言葉大好きですからね(笑)

 

鑑定の仕事以外では、IT用語とビジネス用語が連発で飛び出すような打合せをこなし、自社製品のIoTを国内外に導入促進するためのアプライアンス開発とそれに付随するAIの研究、そしてマーケティングを徹底的に分析し情報を回収をするためにChatBotでカスタマーへサービスを無償提供しながらビッグデータを集めてそれを他社企業様へ売り込むというBtoBビジネスを生業にしていますのでね!(さぁどこまでが真実でしょうか笑)

 

というわけでまた。