たこやきスピリチャル

ミディアムたこやきちゃんの、やる気が湧いて元気になる「人生を楽しむ」ためのブログ

借金で人は死なない。

借金問題で悩みを抱えている人は

今も昔もいつの時代にもいるものだ。

 

最近は引き寄せの法則が

「好き勝手叶う法則」みたいに

なっている風潮があり、

 

結果的に親兄弟や結婚相手、

はたまたその両親などにも

迷惑をかけた挙句に

「自由に生きている自分、幸せ」と

のたまう輩が急増していると聞く。

 

お金はエネルギーなので、

本質を知ってしまえば

後は気持ちよく受取り、

気持ちよく送り出すだけで

上手に世の中を巡って

必要な分だけまたやってきてくれる。

 

しかしそれは、我が強いままの人間では

真の意味でその巡りの中には

たどり着くことは出来ない。

 

我欲まるだしで成功したような人は、

うまくいったようにみせかけて

あとでとんでもないしっぺがえしを

要求してくる、動物霊や悪魔系の力が

働いている場合も多い。

(中にはご先祖様からの影響が強く、

運だけで成功している人もいますが)

 

借金をすることは、人間界での学びなので、

スピリチュアル的な視点でみると

意外と良い事だったりもします。

 

しかしそれは、あくまでも学びであって

そこから何を感じ取り、どう生きるかが問題なのです。

 

悲観的になり、絶望し、自ら命を落とされる方もいます。

それでは何の意味もありません。

 

ではなぜそうなってしまうのでしょうか?

それは第一に、お金がなくなった場合はどうするか、という

別の選択肢(または心の保険)をかけていなかったからです。

 

常にA案、B案、C案と様々な

プランを想定しておかねば

人の心などあっという間に折れてしまうのです。

 

これは恋愛でも一緒です。

その人だけがこの世の全てではいけません。

 

それ以外にも、この世の中には美しいもの

あなたの魂にとって価値のある国や場所、

美味しい食べ物、他にもたくさん、色々なものがあります。

 

不幸な事を想像しろ、というのではなく

「AがダメならBで行こう!」という

ポジティブさを持って、

常に自分にはいくつもの

選択肢があることを理解しながら

歩みを進めていってほしいのです。

 

自分の我を満たすためだけに借金を

重ね、周りに迷惑ばかりかけている人は

見えない存在も腕を組んで「こまったな」と

黙り込んでしまう。

 

それもまた、周りの人間にとっての

学びにはなるのですが、

我を通して人に迷惑をかけることは

学びにはならない。

 

自分が幸せになることが

他の人の幸せへの貢献となる!

 

という考えもありますが、

(これももちろん正しくもあるのだが)

意味を履き違え、恐ろしく自分勝手な

人がとても増えていることに

見えない存在は警鐘をならします。

 

なかには、自己啓発に勤しんで

借金を作っている方も

いるかと思います。

 

しかし、自分の欲望を満たすためだけの

自己投資は、実際は

自己投資ではありません。

 f:id:pearlmoon-horizon:20170216185013j:image

そしてつくってしまった借金についてですが、

スピリチュアルだけでは解決しません。

 

物質界にいるのだから、

物理的な作用も必要なのです。

 

神様仏様守護霊様に祈ることも確かに

大切ですが、そういう時は

感謝しながら行動しなければなりません。

 

まずは現実的な対応を「行動」して

返済するほかありません。

 

会社や家族にバレずに

膨れ上がった借金をどうにかしたい、

というご相談もありますが、そういう時の

見えない存在からのメッセージは、

 

心を入れ替え、誠実にやり直すきっかけづくりになるようなものばかりです。

 

そしてたこやきちゃんからは

超現実的に法的対応についてなどを

滔々と述べております。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

 

本来、借金では人は死にません。

借金は人の命を奪いませんから。

 

もし奪われたとしたら、それは抱えた人の弱い心が逃げの選択をしてしまったからです。

 

幽霊に似てますね〜( ´ ▽ ` )

幽霊だって、脅かしてきたりはしますが直接的には手を掛けては来ません。

(そして霊格が高ければ、幽霊には遭遇しません)

 

今日でも明日でも、

お金を払う時は現金を使って、

支払い時は「いってらっしゃい、元気でね( ´ ▽ ` )」と気持ち良く送り出してあげてくださいね!

 

ではまた。