読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たこやきスピリチャル

ミディアムたこやきちゃんの、やる気が湧いて元気になる「人生を楽しむ」ためのブログ

不安や恐れを減らして自分らしく生きる

焦ったり不安になって良いことは、びっくりするほど無い

心に不安や闇を抱えないで生きることの重要さを、目に見えない存在は何遍も伝えてくださいます。

 

しかしながら、稚拙な人間部分が全面に出ている間はたこやきちゃんもまだまだ人間界で数十年しか生きていない身です。

 

そんな訳なので、ついつい起きても居ない未来を想像して不安になることは、やっぱりあるものです。

 

そしてそうならない為に、鍛錬するのもたこやきちゃんは使命のうちの一つです。

じゃあどうしたら不安や恐れに躍らされない日々を送れるのでしょうか?

 

大きく一つ結論を言えば、

今人間として生きている間に不安や恐れを一切失くす事は不可能です。

しかし・・・

f:id:pearlmoon-horizon:20160724232324j:plain

不安や恐れを抱かない時間を増やすことは出来ます。

 ここが重要なポイントで、如何にその時間を増やしていくか。


地上界でどれほどの人格者であっても、偉業をなした人でも不安や恐れを一切感じずに生きていた人間は居ません。

 

けれど彼らは、その時間を忘れるくらいに新しいことに挑戦することで頭がいっぱいであったり、別の進むべき未来の事ばかりを考えています。

 

暇な時間が多い人程、恐れや不安は増長します。

これはもう、真理であり心理なのです(暇な時間を楽しんでいれば別ですが)。

 

人は役割を与えられたり、必要とされたり、目標に向かって前進している時に充実感や喜びを覚える生き物です。

 

どんな人でも、不安と恐れを遠ざける武器を授けられています。

暇な時間が多いほど恐れや不安は増長しやすいのですが、それを聞いて「どうせ私は孤独だから暇なんです」「ハンデがあるので人並みに働けず暇なのは不可抗力」と思う方もいると思います。たこやきちゃんなんて、昔はまさに前者を真っ先に口にしていましたからねー(^-^≡^-^)笑えるだろっ

 

けど、人ってちゃんと好きな時間を持てるように「好み」という個性をそれぞれに与えられています。

 

とにかく理由はないけど、好きなものは好きですよね?

例えば食べ物。車。国。旅行。自分の部屋。ゲーム。読書。暗い場所。賑やかな場所。

 

本当に様々です。

 

理由は聞かれれば後付けで解説できますが、そもそもそれが好きになった所に理由は考えもしなかったはずです。

 

たこやきちゃんで言うと、小さいころは梅干しが理由もなく大好きでした。

他にも水のちょろちょろ、とか さらさら、とか ジャバァァァみたいな(笑)、とにかく水音が大好きでした。

 

何で好きなのか、とかは考えたこともありません。
聞くとただ気持ちが良くて幸せ〜〜って感じるんですね。

 

洗濯機がぐるぐる回っているのを眺めては、機械が発するごォォ−って音ではなく、水のチャプンっという音がたまらなくて(^-^≡^-^)好きでした。今でも好きですね。

 

不安や恐れを少しでも失くすには、そんな些細な所を大切にするのが近道です。
「好き」と感じる好みは、絶対に誰でも持っている才能であり武器でもあるのです。

 

苦しいこともたくさんある人生です。
けど楽しいことだけでは、楽しさに気付けません。

 

確実に人生を楽しんでいたり、うまく行かせている人というのは、不安や怖れを抱くよりもっと楽観的に「好き」を純粋に楽しんでいるものです。

 

あなたの好みは何でしょうか?

 

生まれ持った大切な感覚です。
大切にしてくださいね!

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 霊界・霊感・霊視へ
にほんブログ村

それでは、またねー!

 たこやきちゃんそろそろ寝ますよ

 

本日もお読み頂きありがとうございますん(^-^≡^-^)