たこやきスピリチャル

ミディアムたこやきちゃんの、やる気が湧いて元気になる「人生を楽しむ」ためのブログ

マカオに来ています③〜物事にはいろんな見方がある〜

マカオに来て、いろんな事を味わわされた。

どちらかというと、苦い味が多い。

 

私の常識は、国境を越えればまったく常識にはならないのと同じように、同じ国にいたって個が違えば互いの常識は世界が違うのです。

 

上昇志向である、とか我欲が強い、といわれて

「そんなことない!」「なにもしてないし!」

と強く主張し反論しても、それは自分の常識にしか当てはめていないからそう思うのであって、さらに広く多角的に見つめてみれば「結構いろいろやってるねぇ」となるんです。

 

 

たこやきちゃんは、今回の旅ではそういう所をアイタタタタ…ってなるくらい突かれました。

 

 

たこやきちゃん、と名乗るのも不本意だったし、過去の名を捨てゼロからスタートしたのも、我を抑えるためにやってることなのに

「まだまだ我が強い、人の20倍はある」

と言われ、すごく納得がいかなかったのです。

 

ですが、ここで不本意さと理不尽さを感じてモヤっとしている時点で、すでに我が顔を覗かせているんですね。そういう事にも改めて気づかされたカジノでの学びでした。

 

直観力はかなり磨かれたし、元々培われていた力も確認出来ました。

 

なぜなら赤か黒かの近未来を予測して、当たる確率はかなりのものだから。7回以上連続して当たる事も何度もありました。

 

打率は8割越えてて、普通じゃありえない当たり方です。霊視して直観力を使って進めば、こういうことが起きるんですね。

f:id:pearlmoon-horizon:20160702110840j:image

しかし、とにかくたこやきちゃんの場合は賭け方が悪い!当たっても、そんな時に限って保険をかけているから赤か黒かは当たっているのに保険代で稼ぎがないんです。

 

これはどういうことかというと、要は「運が悪い」せいで、判定は高確率で当てているのにお金が減るんですね。人生で考えると不幸になるケースです。

 

たこやきちゃんの課題が見つかりました。今よりもっともっと運を良くすることです。

 

運気をよくするためには、我先にと目立とうとする我欲を人の20倍抑えつけ、神様仏様のように心を落ち着かせなければいけないそうです。

 

いくら能力があっても、未来を投資する力があっても、運が悪ければ意味がないということを身をもって知りました。究極を言えば、運さえ良ければ直観力はなくても幸せにやっていけるんですよ。

 

………………………………

「私はこういう性格だ」

「これが出来て当然だ」

「みんな知ってるはずだ」

 

これは、危険な考え方です。物事は本当にいろんな見方があり、国境を越えれば常識は非常識に、親切は迷惑になるのですから。

 

国境を越えなくとも、人間同士はみんなそうなんです。これを知ると、我が出てる事にも気づきやすくなるし、結果的に開運に繋がる。

 

苦虫を噛んだような味のマカオだったけど…

魂から見たら、楽園でトロピカルジュースを飲んだような味のマカオでした。

広告を非表示にする