読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たこやきスピリチャル

ミディアムたこやきちゃんの、やる気が湧いて元気になる「人生を楽しむ」ためのブログ

マカオに来ています。

こんにちは。

スピリチャルセラピストのたこやきちゃんです。

 

昨日から私はマカオに来ています。

香港経由で来ましたが、普通の会社員が朝出社して、一日過ごして(仕事して)夕方帰る頃にはもうマカオのホテルで羽根を伸ばしていられるんですね。

 

仕事人は当然ながら会社のルールに従って生きているので、その時間から抜けて別のことは出来ません。しかしながら、思い立てば・やる気になれば・やろうと思えば、人はいつだってどこにだって行けるんだなぁと改めて感じました。

 

  • ◯◯したいと思っているんです〜
  • △△だから出来ないんです〜

 

このフレーズは自分をますます陥れる危険な言葉のようです。人は自分が思っていることの半分は間違っています。

 

我が入るほどに、正しい判断というのは難しくなってきます。「神がかる」という言葉がありますが、そういった瞬間を見せる人に、その時我はあるでしょうか。神がかっている時というのは、我を忘れフロー状態・瞑想状態で頭が考えていることではなく、もっと深いところから突き動かされる氣によって身体が勝手に動くものです。 

日常生活で、ただの人間として自覚もなく普通の会社員生活を送っているだけでは、たこやきちゃんも我にまみれた欲の塊です。けれど、スピリチャルな使命をおっていることを自覚した今は、その時間をいかに減らせるかが大切だと思っています。

 今回のマカオ・香港旅行は「直感力を鍛える旅」。普段はやらない賭け事をしにきました。数秒先の未来さえも、私たちは読めないのです。

 

ルーレットで、赤か黒かを予想する。

たったそれだけのことも、頭で予測して数十秒後にははずれることが多々あるのです。

 ピキン!と来て「赤!」と思って掛けたとしても、外れることはありますよね。確立の問題を言いたいのではなく、私達の考える事の半分がいかに正しくないか、の現れでも在るということです。

 神がかった状態をいかに持続させられるか。フロー状態で判断するとどういうことが起きるのか。そして一番信用できるのは自分なのか?一番信用できないのも自分なのか?我を出すとどうなるのか、などなど・・・

 

直感力、鍛えまくってきます。

守護霊様には本当に感謝です、わざわざこのためにマカオまで連れてきてくださったのですからね。

 

しかもこんないいところでw(ラッキー!やっほーー!!いぇえい!)

f:id:pearlmoon-horizon:20160630111003j:plain

いつもありがとうございます≡⊂( ^-^)⊃

今日もあなたのもとに美しい光が届きますように。