読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たこやきスピリチャル

ミディアムたこやきちゃんの、やる気が湧いて元気になる「人生を楽しむ」ためのブログ

苦のない人生が思い通りの成幸とは限らない。

正しく頑張る方法

グッイブニン!

スピリチュアルオーガナイザーのたこやきちゃんです。

 

今夜は、成功しているあの人と自分を見比べて「しょぼーん」ってなっている人向けにメッセージを貰ってみました。たこやきちゃん自身にも当てはまることは意外とありまして(笑)そういうのも含めてまとめてみた。

参考になれば幸いである。 

では早速、いってみよー!

 

人生も運勢もバイオリズム。

これは心臓の音と同じようなもの。

 ドクンドクンとグラフが上がったり下がったりの繰り返しをするのと全く同じで、良い時もあれば悪い時もある。良いだけが続くなんて無いし、悪いだけが続くなんてことも無いのだ。 

幸せな勘違いを起こす人はラッキー

けれど人は何故だかどうして、悪いは続くと勘違いするし、実際にそう感じ続けて何年も犠牲的に生きている人もいる。反対に、何をしたって良いこと良かった事として捉えて、逆境をバネに更に飛躍してしまうような人間もいる。すべての事象は考え方次第・捉え方次第でバラ色にも暗黒にもなりうる、ということだ。

幸せな勘違いを起こす人ほど、人生は楽だしラッキーと呼ばれることも多い。 

人生のレールを敷くのも走るのも、全部自分!

結局誰かの創ったテンプレートには、自分は必ずしも当てはまるわけでもないし、そもそも論でいうとそんなテンプレートは必要無いことでもあるんだ。型に嵌められたとおりの人生を送ることは、自分にとっても守護霊様にとっても望む事ではないのだから。先人たちは既に「自分の人生は自分で切り開くもの」という名言も残してくれているが、まさにその通りだろう。 

魂の目的は喜び?それとも試練?

私達人間は、幸せになるためにこの世に送り出されてきた魂である。悪いことだらけの中で不平不満を並べ立て、心を歪めて生きることは「やりたかったこと」であるわけがない。けれど、思い通りになりすぎる人生が良い人生なのか?というとそういう訳でもない。なぜなら、守護霊様達はこの地上生活で、私達の魂が少しでも成長できるようにとあれやこれやと働きかけてくれているから。 

光在るところに陰の力あり

闇があるからこそ光は光だと分かる。光しかない世界には光はないし、闇しか無い世界には闇はない。互いが両立しあって初めて存在し得る関係なのと同様に、私達が生きている「いま」この瞬間の地上世界は良いことと悪いことがあるから成り立っている。

私たちは、それを両方経験しなければならないし、良いこと悪いことが起きた時にもいかに多くの幸せを見つけられるか・学びを見いだせるかが重要なのだ。 

  • f:id:pearlmoon-horizon:20160619231740j:plain

苦のない人生が思い通りの成幸とは限らない。

何もかも思い通りにうまくいく人生を送っている!という人間は、実際のところ、居たら「可哀想に」と思うくらいでちょうどいいのかもしれない。 

そういう意味でいくと、今のこの物質主義に走り真の幸せや価値に気付きにくい、地上での人生なんてろくなもんじゃない。それくらいの心構えで、上がったり下がったりするもんなのだと、悟ってしまえば良いのだそうだ。 

上がった時も下がった時も、その時々に適したアドバイスを目に見えない存在から定期的に受け取るだけで、苦は乗り越えられる。開運していく。そしてそれが起きてよかったことだったといち早く気付けたりもする。 

守護霊様からのアドバイスは即効性があり、大抵はよく効く。 

絶好調の時も絶不調の時も関係なく、あなたにとって最も必要な助言が届くためだ。この霊界からアドバイスを貰うことは、人生で一度きりの経験にするより、継続して生活と隣合わせにしていくほうが悪いことが起きづらくなっていくことだろう。 

 

では、今夜はこの辺りで。

たこやきちゃんでした〜〜〜♪